一見手軽なワンルーム、実は注意が必要

不動産投資相談室

不動産投資を知っている人なら、リスクの多いワンルームマンションを購入したりはしません。その理由をいくつかあげてみます。
一見手軽なワンルーム、実は注意が必要

不動産投資でマンション物件を購入するとき、資金が少なくて済むという手軽さから、ワンルームマンションを買ってしまう人がいます。

ところがワンルームにはリスクがいっぱいです。

投資には不向きな理由を考えてみましょう。

 

●空室が心配になるような物件になぜ不動産投資をしたの?

不動産投資を知っている人なら、評判が悪くリスクの多いワンルームマンションを購入したりはしません。

このようなプランに乗せられてしまうのは不動産投資のビギナーが多いようです。

そもそも、入居者は学生相手であったり単身赴任の人が相手だったりで、すぐに空室になり効率が悪すぎます。

それで「空室保証」や「一喝借上げ」というシステムにすがる投資家が多くいますが、それには注意が必要。

試算すれば利益は出ない現実がすぐにわかります。

間に合うのであればすぐに解約を!

 

●不動産投資は「購入すればそれで成功」と思っていたの?

「不動産物件を買いさえすれば投資で儲かると」思っていたなら、それは大間違い。

不動産とはいえ生き物ですから、常にトレンディーであり、人気がある物件に仕上げなければなりません。

その闘いに臨むのが不動産投資家であり、不動産投資は買ってからが腕の見せ所です。

所有する期間はヒットメーカーであり続ける必要があります。

ダメなら買い替えればいいスーパーの買い物とは違いますから、購入の前に投資のイロハをまず勉強しましょう。

 

●不動産投資には入居者の質の悪さや家賃滞納などがつきもの。

空室保証は身売りと同じで投資益はゼロになると心得ましょう。

入居者には失礼な話ですが、とくに対象となる学生は「騒ぐ」、「汚す」、「町の自治は無視する」、「バイクなど騒音が多い」など不評がいっぱいです。

しかも最新設備でないと入居しないなどの強い志向があります。

過去にそれで倒産したワンルーム専門の投資会社さえありました。

「空室保証で結果的に利益がゼロとなった投資家からの非難」にさらされた経緯があります。